私たちの想い

わが国では、欧米のように高齢者が尊厳を持ちながら
セカンドライフを楽しめる暮らしの場が、まだまだ少ないと感じています。
ですから私たちは、高齢者のための、ここで生活すれば誰もが納得のいくような、
終の住まいをつくることをずっと夢見てきました。そんなワクワクするような、
日本を代表する現代の長屋というべき共同住宅が「プチモンドさくら」です。
仲間と働きながら、お互いに助け合うことで役割と生きがいが生まれる、
全く新しいコミュニティーに、あなたも参加してみませんか?

明日もやることがあって、素晴らしい

プチモンドさくらには、安心して毎日が送れる設備やサービスがたくさんありますが、それでもあえて入居される皆さんに「仕事」や「役割」を持っていただきたいと思います。どうか、皆さんに社会と関わることを生きがいの一つにしてほしい。それこそが長く健康寿命を維持し、安心だけに終わらないセカンドライフを満喫する一番の方法と考えているからです。

仕事を持とう
「プチモンドさくら」では、仕事は義務ではなく、権利だと考えています。人の役にたったり、助け合ったりすることで、私たちは社会や仲間とのつながりを実感できるのです。働くからには、それなりの責任が発生しますが、それこそが生きがいや明日の活力の源です。いつまでも元気に働いて、社会の一員でいつづけてください。

例えば…こんな仕事ができる人、やりたい人を待っています!
  • 毎日の食事をつくりたい人
  • カフェに勤めたい人(コーヒーバリスタ・豆の焙煎や販売)
  • インターネット販売をしたい人
  • 建物の管理ができる技術職の人
  • ヤギや鶏の飼育ができる人
  • 卵や畜産物の販売をしたい人
  • 有機野菜の栽培をしたい人
  • 薪の製造・販売をしたい人
  • パンの製造・販売ができる人
  • 植木の剪定ができる人
  • その他、人のためになる仕事
仲間と働きながら、「プチモンドさくら」のライフスタイルをつっくって行きましょう!

役割と運営
これまで仕事を人生の中心に据えて生きてきた方々も、いずれはリタイヤし、自由な時間をたくさん使える日がやってくるかと思います。また、すでにそのような方も多いことでしょう。
そのときに、これまでの社会的な地位や責務を失い、職場という居場所や、そこでの人間関係が断ち切れてしまうという問題が出てきます。
人によっては気持ちが楽になることかもしれませんが、大半の人にとっては、人生の大きな部分の損失といえるのではないでしょうか。
プチモンドさくらでは、この個人の役割と責任に着目し、あなた自身を本館の運営スタッフとしてもお迎えします。運営といっても、建物の門の開閉や掃除など、業務自体は難しいものではありませんが、歴とした貴方の仕事です。一人一人が少しづつ、皆の為にすることがあるという自覚は、各々の健康寿命や毎日の前向きな気持ちへとつながっていくことでしょう。

例えば…こんな役割はいかがでしょうか
  • 敷地の剪定
  • 共用部の清掃
  • 郵便の取次ぎ
  • ゴミ出し
  • 建物の門の開閉
  • 見守り
  • 介護・家事手伝い
ご自分のペースで働けます。
内覧会随時開催中