建物のご紹介

プチモンドさくらはクリニック・薬局・カフェを併設しているサービス付き高齢者向け住宅です。
建物は、全体的に南欧風に統一されており、「高齢者向け」という雰囲気が感じられないおしゃれなデザインになっています。
現在は本館(右図の緑色の部分)のみ運営されています。今後は敷地内に第二期計画(右図のオレンジ色の部分)が予定されており、新たに介護棟、牧場・ドッグラン、農園などが設けられます。
豊かなセカンドライフの姿を想い描いてください。

物件概要
名称プチモンドさくら(第一期計画)
所在地千葉県佐倉市城343-3
連絡先Tel:043-481-0281 Fax:043-481-0282(受付管理室)
アクセスJR佐倉駅・京成佐倉駅よりちばグリーンバスにて「根郷小学校」下車徒歩0分
敷地面積2277.42㎡
建築面積857.05㎡
延床面積2173.09㎡
賃貸戸数32戸
専有面積26.03㎡(デッキ、バルコニー部除く)
構造・階数RC造地上3階建て
入居予定年月2012年12月
駐車場敷地内27台、敷地外5台
広告主の商号株式会社プチモンド
事務所所在地〒260-0016 千葉県千葉市中央区栄町35-14 FC千葉ビル4F
事務所連絡先TEL 043-222-7332

近隣住環境紹介
プチモンドさくらのある、県道65号沿いには、様々なお店が並んでいます。
500メートル以内にある主なお店や施設は以下の通りです。
また、プチモンドさくら正面のバス停「根郷小学校」から、自由にお出かけもできます。

佐倉市の紹介
千葉県北部、北総台地の中央に位置し、人口は17万人を超えます。
都心まで約40km、成田国際空港より約15kmと地理的に程良く利便性がある一方で、北には印旛沼が臨めるなど豊かな自然の恵みにも支えられています。
江戸時代には11万石の城下町として栄え、幕末には蘭学や西洋医学の街としても発達しました。現在では、旧石器時代から近代までの史跡や、美術館・博物館などの文化施設が集まりつつ、かつての城下町の面影を色濃く残しています。

佐倉ふるさと広場
①佐倉ふるさと広場
印旛沼の自然と触れ合える広場として親しまれていますが、佐倉藩以来の交流が続くオランダとの国際親善を象徴する場所でもあります。
国立歴史民俗博物館
②国立歴史民俗博物館
日本の歴史、文化を研究する国立博物館です。民俗学に重点を置いた常設展はもちろんのこと、企画展も充実しています。また、「くらしの植物苑」も併設され、佐倉城址公園が隣接しています。
旧堀田邸
③旧堀田邸
最後の佐倉藩主堀田正倫が、維新後東京から佐倉に移り住んだ際の邸宅です。住居部分など7棟が国の重要文化財に指定されています。
DIC川村記念美術館
③DIC川村記念美術館
近現代美術のコレクションとしては、日本有数の規模を誇ります。また日本美術の名品も数多く展示しています。 広大な敷地内には散策路が設けられ、四季折々の風情を楽しむことができます。
内覧会随時開催中